【LINEとYahoo!を連携しよう】Yahoo!ショッピングにおけるPayPay支払で貯まるポイントが増加!(2023年12月開始予定)

連携イメージ

LINEヤフー株式会社は「LINE」と「Yahoo! JAPAN」のアカウント連携をスタートさせています。

連携は任意ですが、連携を行うことでPayPayポイントをお得に貯めることができたり、LINEスタンプが使い放題となるなど、多くのメリットがあります。

この記事では、「LINE」と「Yahoo! JAPAN」のアカウント連携を行うメリットと連携の仕方について解説していきます。

LINEとヤフーが合併した経緯

分かりやすく「LINE」と「Yahoo!」が合併と記載していますが、正確には以下のとおりとなります。

Zホールディングス株式会社、LINE株式会社、ヤフー株式会社、Z Entertainment株式会社およびZデータ株式会社は、グループ内再編に関する手続きを予定通り完了し、10月1日より「LINEヤフー株式会社(以下、LINEヤフー。英文名:LY Corporation)」として新たに業務を開始しました。

LINEヤフーロゴ

出典:LINEヤフー株式会社HP

合併自体の公表は2023年2月に告知されており、同4月には新社名を発表していました。

LINEは月間アクティブユーザー数が9500万、ヤフージャパンは月間ログインユーザーが5430万となっており、アカウントの連携によりLINE、ヤフー、PayPayをまたいだ横断的な利用を目指し、サービスの向上を見込んでいます。

LINEとヤフーのアカウントを連携させるメリット

LINEアプリやヤフーの画面で、プライバシーポリシーの同意と連携を促すポップアップが表示されるようになっています。

2023年11月以降、LINEサービスを利用するためにはプライバシーポリシーの同意が必須となっていますが、ヤフーアカウントとの連携は任意となっています。

連携させる大きなメリットは以下のとおりです。

①Yahoo!ショッピングにてPayPayで支払うと毎日最大5%のPayPayポイントが貯まる
 【2023年12月開始予定】

②1,200万種類以上の対象LINEスタンプが使い放題になる(Yahoo!プレミアム会員限定)
 【2023年11月29日以降開始予定】

③限定のLINEスタンプがダウンロードできる

④LINEのアルバムに動画や写真をオリジナル画質のまま保存・共有できる(Yahoo!プレミアム会員限定)
 【2023年11月29日以降開始予定】

⑤Yahoo!カレンダーの共有機能で登録した予定をLINEの友だちと共有できる

⑥各アカウントの登録情報を一元管理できる

それ以外にも、以下の点もメリットとして挙げられています。

●Yahoo! JAPANサービスの通知がLINEに届く

●PayPayグルメで予約やクーポンに関する通知がLINEに届く

●Yahoo!ショッピングでお気に入りの商品の入荷通知、発送完了通知がLINEに届く

ちなみに、Yahoo!プレミアム会員(2023年11月29日より「LYPプレミアム」に変更予定)は月額508円(税込)がかかりますが、ソフトバンクまたはワイモバイルを契約しているユーザー、PayPayカードゴールドを所有しているユーザーは無料となります。

Yahoo!ショッピングでPayPayポイントが+2%、会員限定のPayPayクーポンの配布、ヤフオク!の落札システム利用料が安くなる、PayPayグルメで毎週日曜日はポイント還元率が4%にアップ、マンガ・雑誌購入で最大25%還元などの特典が受けられます。

連携の内容と合わせて考えても、Yahoo!やPayPayのサービスを利用している人にとっては大きなメリットとなります。

LINEとヤフーのアカウントを連携させる方法

LINEとヤフーのアカウントを連携させる手順を記載します。

【LINEからの操作】

①LINEのバージョンが最新であることを確認する(最新でない場合はバージョンアップする)

②「ホーム」から「設定」をタップ

③「account center」をタップ(バージョンが古いとこの項目が表示されません)

④「アカウント連携する」をタップ

⑤画面の指示に従い、Yahoo!JAPANにログイン

⑥Yahoo! JAPAN IDと連携

完了後、「Yahoo! JAPAN IDと連携しました」というメッセージがLINE公式アカウントから送信されます。

また、連携は手続きを行うことでいつでも解除することが可能です。

まとめ

LINEとヤフーの連携は、普段からヤフーやPayPayのサービスを利用している人を中心に様々なメリットがあります。

LINEから簡単に連携の手続きを行うことが可能なので、検討してみることをおすすめします。