最強のクレジットカード4選!年代別の究極の1枚を紹介|2024年版

クレジットカード

クレジットカードは様々な種類があるため、どれを選ぶのか決めるのにも一苦労です。

この記事では、初めてクレジットカードを持つ初心者向けに、クレジットカードを選ぶ際のポイントと年代別のおすすめについて解説していきます。

クレジットカードのメリット

そもそも、クレジットカードを持っておくことには様々な恩恵があります。

クレジットカードのメリットについて見てみましょう。

●利用料金に応じてポイントが貯められる

決済ごとに自動でポイントが貯まるようになっており、そのポイントを引き落としの際に利用できたり、商品や他社のポイントに引き換えたりすることが可能です。結果、現金で支払うよりお得になります。

●現金を持っていなくても買い物できる

持ち歩く現金が少量で済むので、財布の中身をスマートにすることができます。

●カード会員限定の特典やサービスが利用できる

カードと提携している店舗でのポイントが通常より貯まりやすくなっていることも多いです。

また、旅行時の「旅行傷害保険」が付くカードも多く、別で保険を組む必要がなくなるので便利です。

会員サイトやアプリで利用状況がリアルタイムで分かるようになっているので、「クレジットカードは後払いになるので使い過ぎないか不安」という場合も、確認しながら計画的に利用していくことが可能です。

クレジットカードの選び方

クレジットカードには無料で気軽に作れるものから、有料でサービスが充実しているものまで様々な種類があります。

カードのグレード、ブランド、デザイン、セキュリティ、発行までのスピードなど比較できる点は多々ありますが、初心者がクレジットカードを選ぶうえで、最も重視したいポイントは以下の3点です。

クレジットカードの「ポイント還元率」と「ポイントの使い道」で選ぶ

クレジットカードを使うことでもらえるポイントがどれくらいで、何に使えるのかは、カードにより異なります。

カードを選ぶ際には、「ポイント還元率」と「ポイントの使い道」に注目するようにしましょう。

【ポイント還元率】

利用料金に対していくら分のポイントがもらえるかを割合で表したものがポイント還元率です。

一般的なクレジットカードの場合、還元率は0.5%、還元率が高いとされるのは1.0%以上と言われています。

1ポイントあたり1円相当である場合、利用料金100円で1ポイント貯まるのであればポイント還元率は1%です。利用金額200円で1ポイント貯まるのであれば還元率は0.5%になります。

カードが提携している店舗では還元率が高く設定されていることもあるため、もともとのポイント還元率が高いことはもちろんですが、利用頻度の高い店舗で還元率が高くなるカードを選ぶことをおすすめです。

【ポイントの使い道】

貯まったポイントには、以下のような使い道があります。

・カード会社への支払いに充てる

・他社ポイントに交換する

・商品に交換する

・キャンペーンの応募に利用する

分かりやすいのは支払いに充てるということですが、電子マネーに交換することもスタンダードな使い道です。例えば、イオンカードで貯めたポイントは電子マネーWAONに交換できます。

他社ポイントや商品へ交換したい場合は、自分の交換したいものが対象になっているかを事前に確認する必要があります。

また、航空系マイルに交換できるものもあります。

何に使うかによってお得度が変わってくるものもありますが、基本的には自分が一番利用するものに使うのがおすすめです。

年会費で選ぶ

クレジットカードには、年会費が設定されているものと、無料で利用できるものがあります。

どちらを選んでも決済において違いはありませんが、受けられる特典やサービスが変わってきます。

年会費が有料のものの方がポイント還元率が高く設定されていたり、特典やサービスが充実していることが多いです。

「年会費が無料」と謳っているクレジットカードでも、「無料」は次のように分類されるので、選ぶ際には注意が必要です。

●永年無料(条件なしで年会費がずっと無料である)

●利用金額に応じて無料(一定額利用すると年会費が無料となっており、利用しないと有料になる)

●初年度のみ無料(カードを発行した年は年会費が無料だが、翌年以降は有料となる)

また、「年会費が有料」となっていても、年会費の一部をポイント還元している場合などもあります。

年会費がかかったとしても、それにかかるポイント還元と通常利用のポイント還元率が高くなることで、結果的にお得になるということもあるので、メインで利用するカードについては年会費がかかるものも合わせて検討することもひとつの手段です。

付帯している特典やサービスで選ぶ

クレジットカードの特典やサービスについても確認することをおすすめします。

最もよく見る付帯サービスは旅行損害保険です。旅行によく行く人には身近に感じられるサービスです。

他にも、空港のラウンジ利用や、携帯電話キャリアのカードではスマホが壊れた際の保障が付いていたりもします。

グレードが高く年会費が高額なクレジットカードほど、特典やサービスが充実している傾向にあります。

クレジットカード選びの際には、年会費とのバランスを見たうえで検討すべき項目だと言えます。

最強のクレジットカード4選

最強と言われるクレジットカードを、世代別に紹介します。

【18歳以上の学生向けのクレジットカード 究極の1枚】

クレジットカードは、満18歳以上の方(高校生以外)が申し込むことができます。

学生の方には、学生ポイントの設定があるカードがおすすめです。

●三井住友カード(NL)

おすすめポイント
・年会費永年無料
・学生ポイントの設定
 →対象のサブスク支払いで最大10%還元
 →対象の携帯料金支払いで最大2.0%還元
 →LINE Payのチャージ&ペイで最大3.0%還元
 →分割払い
・あとから分割の手数料は全額ポイント還元
・最大7.0%還元対象店舗の設定(セブン-イレブン、ローソン、マクドナルド、すき家、サイゼリヤ、ガスト、ドトール等)

【39歳までの方向けクレジットカード 究極の1枚】

39歳までの方限定で入会できる高還元率カードがおすすめです。

JCB CARD W

おすすめポイント
・年会費永年無料
・ETC、家族カードも年会費永年無料
・いつでも1%還元
・Amazon、セブン-イレブンで2%還元、スターバックスで10.5%還元
・Amazon利用で最大10,000円キャッシュバック

【40歳以上の方向けクレジットカード 最強の2枚】

年齢制限のない、高還元率に設定されているカードがおすすめです。

●三菱UFJカード

おすすめポイント
・初年度年会費無料、翌年以降も年1回以上のショッピング利用で年会費無料
・三菱UFJ銀行のATM手数料無料
・セブン-イレブン、ローソンで5.5%還元
・期間限定で、対象のコンビニ・飲食店で最大19%還元

●JCBカード S

おすすめポイント
・年会費永年無料
・ETC、家族カードも年会費永年無料
・いつでも1%還元
・Amazon、セブン-イレブンで1.5%還元、スターバックスで10%還元
・国内外20万か所以上の施設、サービスを最大80%割引「JCBカードS優待クラブオフ」が利用可能

まとめ

クレジットカードは、決済時にポイントが貯まるので、結果的に現金払いよりお得になります。

カードを選ぶ条件は様々ありますが、「ポイント還元」「ポイントの使い道」「年会費」「付帯サービス」に注目して選ぶことをおすすめします。

年代別のおすすめを記載しましたが、これらは一例として考え、ご自身のよく利用する店舗やサービスに対して還元の高いものを選ぶのもいいでしょう。